年齢・性別のお布団の選び方

年配の方向けのお布団

お年を召した方は、まずベッドを選ぶことがおすすめです。

布団を毎朝あげおろししなくてよくなるほか、 床につくときと起床するときに腰に負担がかかりません。
最新式のベッドは、腰だけでなく肩や首を痛めないようにつくられています。

ベッドを置けない場合は、軽い素材を使っている敷き布団を選ぶと、 あげおろしも楽なほか、寝るときに腰に優しくフィットしてくれてお得です。


中高年(40~60代)の方向けのお布団

一家を支える大黒柱である方々が多い世代ですが、 毎晩身体を休める布団にはこだわりたいものです。

熟睡できる素材を使って、毎晩確実に疲れを取れる布団を選びましょう。

就寝中の姿勢を整えてくれる健康敷き布団や、
電気の力を応用して身体を癒してくれるポカポカ健康敷き布団もおすすめです。

新婚夫婦向けのお布団

ベッドやマットを買うときは、見た目のよさだけでなく寝心地のよさを重視して選びましょう。

敷き布団を買うときは、夫婦揃って気持ちよく眠れる硬さと素材を選ぶべきです。

やはり柔らかい素材が好まれていますが、羊毛を使った敷き布団は硬さのほか、夏と冬で素材を変えて使えるタイプもあって便利です。

また、健康敷き布団は価格の種類が選び放題のほか、メンテナンスが楽なため若い夫婦には好評ですね。


若年層(10代~20代)向けのお布団

若くて身体が活発に動く年頃の場合、毎晩使う布団は汚れがちです。

汚れや傷がつきやすいため、安すぎる品を買うと、たちまち痛んですぐに買い直しになってしまいますから要注意。

硬めで湿気がこもらない材質(羊毛や木綿etc.)は健康面でもよいですし比較的丈夫にできています。

健康敷き布団も、手入れに手間をかける必要がないため、若者のひとり暮らしに向いています。

男女それぞれに向いている布団とは

男性の場合、平均的に発汗量も多いですし、骨格もしっかりしていますね。吸湿性に優れていて、硬めの品を使うと気持ちよく眠れます。

ただし、特に背中や腰周囲の筋肉が発達している場合、少し柔らかめの素材にすると 全身にほどよくフィットして安眠ができます。

敷き布団は痛みやすいですから耐久性を優先したほうがよいでしょう。

女性の場合、男性より冷え症の方が多いですね。
羽毛のような素材の掛け布団を使うと寝床が温まります。

敷き布団は柔らかめのほうが、発達しているお尻を優しく包み込んでくれて効果的です
(3層構造の品は特におすすめできます)。

ヘルシー安眠敷き布団(櫻道ふとん店) 西川のムアツふとん(西川リビング) マニフレックス マットレス(マニフレックス)
運営者情報