冷え性と腰痛の私が探して使ってみた「敷き布団」を徹底比較!

私は、慢性的な冷え性と腰痛持ちで、今まで夜寝る時にはくつ下や湯たんぽなどが必需品であり、それがあってもなかなか寝つけないことが多い状況でした。更に、冷え性に併せて腰痛にも悩んでいまして、何か私のカラダに合う布団を母のアドバイスやネットの情報を参考にして布団を探していました。

そんな中で、母と一緒に探して実際に使ってみた「敷き布団」を勝手にランキングつけちゃいましたので、冷え性や腰痛で悩んでいる方の布団選びの参考にしていただければと思います。

私の「敷き布団」おすすめランキング

ヘルシー安眠敷き布団(櫻道ふとん店)

ヘルシー安眠敷き布団 比較図ヘルシー安眠敷き布団
ヘルシー安眠敷き布団(櫻道ふとん店)

【商品情報:サイト等より】

この敷布団は、当社オリジナル開発素材をベースに「特許申請中の製法」で自社工房にて造りとして販売しています。「腰痛」や「冷え性」「低体温」「不眠」などのカラダの悩みをお持ちの多くの方に愛用いただいている商品です。カラダを冷やさない「遠赤外線」を発生する高級綿やカラダを点で支えて指圧効果や通気性の良い凸凹マットを使い、夏は爽やかに冬は温かく安眠をサポートします。

ヘルシー安眠敷き布団 サイズ 巾105×丈210cm
価格 39,800円~
中綿の素材 トルマリン練り込み綿
特製凹凸指圧マット
生地の素材 綿100%

【感想・コメント】

この敷き布団は、「腰痛」や「冷え性」持ちの私が母と一緒にいろいろな敷き布団を試した結果、一番快眠が得られて、実際に母と一緒に今愛用している敷き布団です。

この敷き布団に出会うきっかけは、「腰痛」や「冷え性」「低体温」で深い眠りが得られなくいろいろな敷き布団を探して、使っていたら、母の親戚の方が、静岡県御殿場市にある「櫻道ふとん店」で売っているこの「ヘルシー安眠敷き布団」を使って、カラダの悩みが減ったということから、ネットで調べて、サンプル素材を取り寄せたり、店長さんに話しを聞いて、ちょっと値段は高かったのですが、買うことに決めました。

この布団に出会う前は、人気の高い「低反発マットレス」や「ムアツ布団」を使ったり試したりしていました。 「ヘルシー安眠敷布団」を実際に使ってみると・・・今まで使っていた腰痛専用クッションやサポーターがいらなくなるくらいまで楽になり、また、腰痛のせいか寝返りも多く、夜何度も目が覚めていたことも無くなりました。

今ではこの櫻道ふとんさんの「ヘルシー安眠敷き布団」無しにはぐっすりと眠れない状態です・・・・

西川のムアツふとん(西川リビング)

西川のムアツふとん(西川リビング) 比較図西川のムアツふとん(西川リビング)
西川のムアツふとん(西川リビング)

【商品情報:サイト等より】

西川のムアツはNASAの航空宇宙工学をヒントに開発されました。体圧分散効果により睡眠時に体にかかる負担を減らし、安定した寝姿勢を保て、また湿気が少なく一年中快適、ダニの心配がない、干す必要がない、など快眠を実現できる敷き布団です。

西川のムアツふとん(西川リビング) サイズ 巾90×丈200cm
価格 39,800円
中綿の素材 ウレタンフォーム
生地の素材 綿100%

【感想・コメント】

西川のムアツふとんは昔からおばあちゃんが愛用している敷布団で、私の腰痛がつらくなったので、ちょっと借りて使っていました。

さすが西川さんの実績ある布団だけあって、点で支えられている状態で心地良い感覚はありました。 ただ、私にはちょっとマットが柔らかすぎる感じがして、腰の痛みがあまりとれませんでした・・・あと、冷え性もあるのでカラダが温まる感触は得られなかったです。

ただ、おばあちゃんは、「とても具合がいい」と言って今でも愛用しています。

マニフレックス マットレス(マニフレックス)

マニフレックス マットレス(マニフレックス) 比較図マニフレックス マットレス(マニフレックス)
マニフレックス マットレス(マニフレックス)

【商品情報:サイト等より】

マニフレックスマットレス(DDウィング)のマットレスに使われている芯材は、<エリオセルMF>を芯材の採用し、柔らかすぎず硬すぎない弾力特性と復元性を持っていて、最適な睡眠姿勢を実現してくれます。
また、独自の構造で、汗を吸い発散させるので四季を通して快適に使えます。DDウィングは、収納に配慮した三つ折りタイプで持ち運びも楽々です。

マニフレックス マットレス(マニフレックス) サイズ 巾97×丈193cm
価格 シングル 52,500円
中綿の素材 エリオセル
生地の素材 綿100% ポリエステル40%

【感想・コメント】

このマニフレックスは、姉が嫁ぎ先で愛用しているマットレスで、時々遊びに行くときにいつも使わしてもらっているものです。

私が使ってみても適度な硬さで、弾力性もあって寝心地は良くぐっすりと眠れます。
また、朝、布団を片付ける時も三つ折りタイプなのでとっても簡単なところも気に入ってます。

冷え性と腰痛持ちの私としては、まだ足先が温まりにくかったり、腰に違和感が残る感じもします・・・
但し、姉は寝心地が良いと、とっても気に入って私にも勧めてくれます。

トゥルースリーパープレミアム【低反発マットレス】(ショップジャパン)

トゥルースリーパープレミアム【低反発マットレス】(ショップジャパン) 比較図トゥルースリーパープレミアム【低反発マットレス】(ショップジャパン)
トゥルースリーパープレミアム【低反発マットレス】
(ショップジャパン)

【商品情報:サイト等より】

宇宙飛行士のためにNASAが開発した言われている、低反発素材を参考に開発されたのが低反発マットレス。弾力性や復元力が高く、体温や体圧によって反発力や形が変化するので、カラダにしっかりとフィットして、無理のない寝姿勢を維持できます。

トゥルースリーパープレミアム【低反発マットレス】(ショップジャパン) サイズ 巾97×丈195cm
価格 22,800円
中綿の素材 低反発素材100%
ウルトラヴィスコエラスティック
生地の素材 デュアルフェイスラップ(両面)

【感想・コメント】

この低反発マットレスは、いことがネットショップで見つけて購入して使っているマットレスですが、私のいとこも腰の調子があまり良くなく、ネットで評判が良かったので購入したそうです。

低反発独特の沈み込む感じでカラダにフィットして寝心地はとても良いと言っていましたが、朝起きた時に腰の疲れがあまり変わらないといとこは言っていて、今は、いとこの弟に渡してしまったそうです・・

腰痛持ちの私も泊まりに行った時に試しに何度か寝てみましが、寝る時はとっても気持ちいいですが、やはり、朝起きた時には腰の調子は変わってなかったです。

極度の腰痛持ちでない方には、カラダにフィットする感じがとて気持ち良いのでお勧めです。

ニトリの羽毛&低反発敷き布団(ニトリ)

ニトリの羽毛&低反発敷き布団 比較図ニトリの羽毛&低反発敷き布団
ニトリの羽毛&低反発敷き布団(ニトリ)

【商品情報:サイト等より】

布団の上部にはふかふかの羽毛を使い、下部には適度な硬さの低反発ウレタンフォームを使っていて羽毛のふかふか感と低反発ウレタンのフィット感で体を支えます。

ニトリの羽毛&低反発敷き布団 サイズ 巾100×丈210cm
価格 9,990円
中綿の素材 上部:羽毛0.6㎏
下部:ウレタンフォーム
生地の素材 綿100%

【感想・コメント】

この敷き布団は、ニトリの実際のお店で見つけたもので、布団の上の部分に羽毛が使ってあって、下の部分にはしっかりとしたウレタンマットが使われている商品です。

羽毛が使われているいるせいか、暖かさは感じることが出来て満足でしたが、冷え性の私の足はなかなか暖まらずにくつ下は使っている状態でした。また、マットの硬さも適度で良かったのですが、腰痛持ちの私には低反発のマットを長い間使っていると腰が痛み出して、熟睡できない時がありました・・

普通の人が使う敷き布団としては価格も安く快適な布団かと思いました。

西川の合い織り入りウール敷き布団(東京西川産業)

西川の合い織り入りウール敷き布団 比較図西川の合い織り入りウール敷き布団
西川の合い織り入りウール敷きふとん(東京西川産業)

【商品情報:サイト等より】

敷き布団の中心にはポリエステル100%の固めの綿が入っていて、その周りにウール50%とポリエステル50%の綿で包んであるしっかりとして快適さを追求した敷き布団です。

西川の合い織り入りウール敷き布団 サイズ 巾100×丈210cm
価格 9,800円(イオンで購入)
中綿の素材 中心部:ポリエステル100% 周辺部:ウール50%、ポリエステル50%
生地の素材 綿100%

【感想・コメント】

この敷き布団は私の近所のイオンで見つけて購入した布団です。西川さんの布団ということで信頼しつつ、お店で布団を触った感触もしっかりとしていたので購入して使いました。

実際に使って見ると、マットはしっかりとしていて寝心地は良く、綿にはウールを使っていることもあり暖かさもまずまずでした。 しかし、、、極度の冷え性と腰痛持ちの私としては、やっぱりくつ下無しでは寝つけない状態であり、腰の痛みも特に変化は無い状態が続き、熟睡度はもうひとつでした・・・

こちらの商品も普通の方が使う分には、全く問題なく快適に眠れる布団かと思います。

運営者情報 コラム